〜 はじめに 〜
お母さんが自分自身でどのようにするかを選択できる、そのための情報を書いています。 今までの記事まとめです。ここから関心のあるところをお読みください

2018年05月15日

自分と赤ちゃんの健康は自分で決める 

健康情報のキュレーションサイト(まとめサイト)で科学的根拠のない話がたくさん書かれていた事件がありましたね。
専門家はよく知るからこそ言葉選びに慎重になり、「断言」はしかねる傾向にあるそうです。実際私たち母乳育児支援者は「こうしたらいい」とアドバイスせずに、お母さんの話をきいてお母さんがどうしたいのかを支援します。周りの話をきくと、私たちのような話よりも、「こうすればよい」と断言する方が回りくどくなく好まれる傾向があるように感じます。広告は「これさえ(買って)あればOK!」というようにわかりやすく考えなくてもよい仕組みにしてくれています。検索サイトの順位は、科学的正しさのランキングではなく、人が好んでアクセスしたランキングと言えるかもしれません。

聖路加国際大学の中山和弘教授は「ヘルスリテラシー」:情報に基づいた意思決定で健康を決める力について、http://www.healthliteracy.jp/ を運営されておられます。
インターネット上の保健医療情報の見方 はわかりやすく判断するための基準について書かれています。困った時の相談先もあるのがいいですね。

母乳育児は日常の生活の一部、赤ちゃんの食生活の話なので、医療とは別の趣もあるかもしれませんが、医療以外でもあらゆることに応用できそうな力がヘルスリテラシーだと感じました。
posted by sari at 09:08| Comment(0) | 全般

2018年02月19日

ちはやふる

ちはやふるの35巻から赤ちゃんを抱いた猪熊さんが出てきます。
うまく抱っこ紐に隠れた状態で、観戦しながら授乳しています。
37巻では、ちはやちゃんがこんなことを言います。

授乳ってなんとなく5分くらいで終わるものかと思ってたけど30分は最低でもかかっちゃう
ちはやふる37巻より

赤ちゃんはまだ低月齢の設定だから、時間がかかるようです。
でも経験がないとどれくらいかかるのか想像もできないかもしれませんね。
世間一般に、授乳にはどれくらいの時間がかかるのかを知ってもらうきっかけになりそうですね。
posted by sari at 15:06| Comment(0) | ニュース